FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ありゃありゃ
090225_1230~0001

  1ケ月以上ブログをさぼっていたら、何やら妙な広告が載っていた。

  よく読むと

  1ケ月以上記事を書かないと自動的にアドブログが挿入されるらしい。


  もっとも、「 新記事をアップするとその広告が消える 」とあるから

  励ましと叱咤激励の意味なのか?


   これは面白いシステムだ。 まいったまいった。


  とりあえず、閑話休題といこう。 エイ!

   プリンターでの休憩禁止!! 

  それにしても、誰がタオルをひいたのかな?

  
スポンサーサイト



漢字攻めが正しいのか?
kaigo1.jpg

インドネシアから、日本で働く看護師・介護福祉士の候補者の第1陣が昨年夏に日本にやって来た。

今日久しぶりに彼ら彼女らがニュースに再登場していた。

介護の分野ではじめて公式に両国政府が協定して受け入れた人たちです。

彼らは何と6ケ月ものあいだ日本語と日本の生活習慣などの研修を受けていたのです。

そして、いよいよ受け入れを表明した病院や施設内で実務研修を積むことになりました。

さあ大変です、またまたこれまでの環境が一変して、今度は各地の各現場での

生活と介護の実作業が始まります。 もともと看護や介護のスキルは持っている

人たちなので、イロイロ問題は起こるだろうけど、大いに活躍を期待したい。

  ところが、ここで大問題があるのだ


3年後、

残りたければ日本語で国家試験を受けろと言うのだ。



介護福祉士は3年間の実務経験が条件で試験は1回だけ。合格した場合のみ、そのまま

日本で無期限就労することが認められ、「不合格なら帰国」という流れだ。

緊急に人が足りないから安く仕入れるけど、高いハードルを架して追い返してしまう

というどこかで聞いたようなお役所制度をまたまた繰り返そうとしている。

激務の中で、わずか3年で漢字いっぱいの難しい専門試験に何人がパスできるのか。


実際、初めて日本を訪れるインドネシア人にとって、働きながら3~4年で日本の国家試験

にパスするという条件はかなり厳しい。 

このままでは正式就労へのハードルはかなり高い。

彼ら彼女らの実績が流れを変えてくれることにも期待したいが、受け入れ側の我々も

もっと真剣に将来に取り組まなければならない。 「あなたのためだから」



あったかいという言葉
暖炉縮小

 
 よその家であたらせてもらったこの薪ストーブは本当に暖かかったけど・・・


 最近若い人の会話で「あったかい」という表現をよく聴くようになった。

 特にレポーターなどが頻繁にこの言葉を使うので気になって仕方がない。

 表現力のなさが気になるのではなくて(それは置いといて・・・)

 世の中がそんなに「あったかく」なっているのかと言うと、むしろ逆。

 それだけ殺伐とした雰囲気がアチコチにあるからこそ「あったかい」

 と言いたくなるのではないか。 

 何かを食べれば「ジューシーですね」と言い、何かの場面に出くわせば

 「あったかいものを感じますね」 と言う。

 「そんな簡単に”あったかい”なんて言うなよ!」とついついツッコミを
 
 入れたくなってしまう。

 ジューシーな食べ物がおいしいとは限らないし、「あったかい」の背景が

 本当にあったかいとは限らない。 

 だからレポーターが必要なんだと思うけど・・・


 
  
磯崎新の都庁
CA3A0177.jpg

  お正月に 読むぞ!! って決めていた本である。

  小さい字で500ページ。 しかも畑ちがいの建築論のお話。 だから覚悟して

  お正月に 読むぞ!! って決めていた本である。


  結果は何と一気に読み上げてしまったのである。  面白かった!!   

  
  もちろん建築やデザインなどに興味のある人なら一気読みしてしまうのでしょうが、

  ノンフィクション大好きの私もはまりましたね。

  著者の平松剛さんは2001年、建築ノンフィクション「光の教会 安藤忠雄の現場」で

  第32回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞した人。

  この本も昨年サントリー学芸賞を受賞している。

  時にはドラマチックに時にはコミカルにぐいぐいと「戦後日本最大のコンペ」という

  現場に引きづり込んでくれる。 まるで設計図のとおりに建築物がその姿を現すように

  最後のページまで目が離せない。 

  著者自身が建築家だということがこの本を深くしているが、ジャーナリスティックに建築と

  それをとりまく権力とを捉えたある時代のヒストリーになっている。


  『 建築は権力だ! 』 っていう感じの文化と 『 たったひとつがいいんだよ 』 ていう

  感じの文化のぶつかり合い。 それが日本の首都東京のシンボルである巨大な都庁舎

  をめぐってドラマチックに起こっていく。  

  

続 ししおどし文化論
ししおどし
 
   ふたたび 「ししおどし」 登場。  続 ししおどし文化論 。


久米宏の「テレビってヤツは」という番組には”密か”に期待している。

  別に”密か”である必要はないのだが、如何にも脆弱そうなバックグラウンドが垣間見えて

  ちょと心配になって来る。 あまり大きな期待をするとスグに終わってしまいそうな気も・・・  

  余計な心配かも知れないが、テレビ局やスタッフが彼を守れるのだろうか?

  
  実は2~3回しか見ていないけど、何とか時代を捉えたいとする意図は良く伝わる。

  そしてそれが、ポストニュースステーションは報道ステーションではなく、こんな番組

  なのではないか? という久米さんあるいはスタッフの狙いなのだろう。

  テレビ番組のパワーダウンは今に始まったことではないが、 『何とかせねば』 という

  番組が 『この程度でどう?』 という自信の無い番組に負けてばかりいるからだろう。

  
  
  情報量よりも情報質。 データよりも人。 送信よりも受信。 30秒よりも30分。

  速報より続報。  3面記事より識者投稿。 

  こう書いてしまうと素人考えばかりだが、要は次の時代に 『 マネ 』されるような

  番組を目指せばいいんじゃないかと思うけど・・・

  その前に 『 死んでも真似するものか 』 っていう覚悟がいるけどね。。。

  
  皆で ししおどし ポン に乗って流されてる場合じゃないよな。

      



 
犬と鬼
犬と鬼

  サブタイトルに知られざる日本の肖像 とある。

  犬と鬼とは『韓非子』に出てくる故事で、「犬は描きにくく鬼は描きやすい」ということ。

  つまり、私達のすぐ身近にある犬のような大人しく控えめな存在はかえって正確に捉える
 
  ことが難しいが、派手でおおげさな想像物である鬼は誰にでも描きやすいという例え。

  現代の諸問題の基本的で地道な解決よりも派手なモニュメントにお金をつぎ込む方が

  簡単と言えば簡単なのである。

  「土建国家」の官僚に出来ることそれは建設だった。大きいほどいい、金がかかるほど

  いい、派手なほどいい。これが「鬼」の爆発的な増大につながった。

  莫大な資金を費やしての土木のみならず、巨大なホールや博物館、美術館などを

  彼方此方に残して来た。  しかし失ったものはもう戻らない。

  それを「文化の病」と表現している。

  リーダー不在のなか、オートクルーズの官僚政治に誘導され、まるで自動操縦かなにか

  のように犬よりも鬼を描き続ける国。 それが日本人の気づかない日本だと言う。

  アレックス・カーという米国生まれの作家が日本での体験をもとに描く日本論である。

  数々の文化遺産、美しい国土、すぐれた教育、世界一の個人貯蓄、それらがありながら

  なぜ日本は道を踏み外すのか? 

    

  初版は2002年であるが、それ以降ももちろんこの病は癒えることがない。

  しかし土建国家は頓挫し、金融界や労働界も崩壊が続いている。

  「文化の病」は果てしなく続くのか。

  

  


ポンという前に
ししおどし


  2008年

 ”ポン”という音とともにサブプライムが壊れ

 ”ポン”という音とともにリーマンが潰れ

 ”ポン”という音とともに自動車が不況になり

 ”ポン”という音とともに液晶テレビが売れなくなり

 ”ポン”という音とともにアチコチが不景気だと発表し

 ”ポン”という音とともに派遣切りがはじまった。


 「ししおどし」が目に浮かんで来ました。 そうそう、だんだん水がたまって


 ある日突然 ”ポン”とハネ上がるアレです。

 世界中が ”ポン”という音がするまでそこに水を注いで来たんだよネ。

 だから見えていた人には見えていた・・・ あと少し、あと少し・・・・

 まだ大丈夫・・・ 

 
 
  ”ポン”という音はしなかったが2009年新しい年になった。




 
都庁と府庁
Tokyo_Metropolitan_Government_Building_2007-October.jpg>20070818_329655.jpg

  都庁と不調、いや失礼、府庁の候補。 (キー入力では最初に不調と出てきた)

  正確には左が新宿にある東京都庁第一本庁舎。右が大阪にあるWTCコスモタワー。

  東京都庁は1991年の完成時には池袋のサンシャイン60を抜いて、高さ243メートル。

  バブル経済の時代に計画され、しばらくは日本一の高さを誇ったのでバベルの塔を

  もじって「バブルの塔」と揶揄された。

  その後も東京の一人勝ち「東京バブル」が続いたのであまり言われなくなったが、

  内務省出身のバブル都知事鈴木俊一の渾身のメモリアル塔と思えば空しく写る。

  だって中味はお役人さまの事務所なんだよ。 中世の教会とはわけが違う。

  まあ、真下からこれを見て「東京ってスンゴイ!」と思った人も多いだろうから

  教会の役目も果たしているのかも知れない。


  さてさて一方の大阪湾のバブルの塔WTCコスモタワー。 

  こちらは教会にもなり損なった・・・

  1995年の完成で高さは256メートル。最初は252メートルの予定だったが、大阪府が

  計画していたりんくうゲートタワーが256メートルと判り4メートル延ばしたという噂のあった

  あの大阪市の渾身の?力作。

  バブル崩壊後の完成という絶妙の計画が見事に破綻して大阪市関連ばかり移転させたもの

  だから、「大阪市役所第二庁舎」と揶揄されている。

  そして橋本大阪府知事の登場により、大阪府庁の移転先の第一候補となっているのが

  このコスモタワーであります。 「どう計算してもここに入るのが一番安い」ってこと

  らしいけど、何か微妙?  2月には結論を出すらしいので注目注目。
  

 個人的にはついでに大阪市も一緒に入るなら賛成。 遠くて不便になる、という意見もあるが

 もともとこんなに大きなものいらないんだから、逆に皆が行かなくなっていいんじゃないの。

 「アレ?おれ達何してたんだろう」って考えてもらって、もっとお客様の近くに戻ってきて

 もらえれば。
  

  

25日のクリスマス
CA3A0168.jpg


 12月25日の午後9時30分。 急に寒くなって小さい雪が舞っている。

 それにしても 人通りと車が 少なすぎる。 

 15~16人でのパーティ、 というより宴会を終えてタクシーに乗り込んだ。

  「人が少ないね 」 と言ったら返事がなかった。

 余計なことを言ってしまったと思った。


 いつも聴いているI tuneのラジオ Kool Mix Radio では クリスマスソングのみで

 もう48時間以上放送している。 

 時差の関係でアメリカでは今まさにクリスマス真最中。

  日本のラジオやテレビではクリスマスソング特集があっても、いつも同じような曲の

 繰り返しだが、さすがアメリカで生で聴いている特集はスゴイ!

 殆ど聴いたことのないクリスマスソングが次々にミックスされていて楽しい。

 
 そういえば、子供のころの日本のクリスマスのピークは25日の夜だったような気がする。

 あれは時差の関係だったのだろうか?

 

 

 

 

 

ハケンの派
派。JPG.


今日の1字は 派   ハケンのハ   派の意味は わかれ/わかれる。

 右側の字の形は川から支流がわかれ出た姿を描いた象形文字だそうだ。

偏の部分が水を表すサンズイなのもうなずける。

   脈(みゃく)の場合は 月だから わかれ出た血管ということになる。


 派閥  宗派  党派  一派  などなど  別れには何かがつきまとう。


そして  派遣


  しばらく前までは 派遣 には厳しい法規制があったが、少し緩和されると


いきつくところまで行ってしまう。 つまり派遣のウマミを食い尽くしてしまう。


 いつかは こんな問題が起こる と 誰 もが考えていたが、誰もストップをかけられなかった。  


  バブルやサブプライムと同じ問題なのだ。 


 弱い者が気づいた時には もう 誰も いない。  みんな 選挙には 行こうネ。




青春18切符を精算すると
 

  思いがけなく誘われて、土曜日曜で青春18切符とやらを使って

  
  瀬戸内ゴールデンルートとゴールデンイート?を楽しんで来ました。


  皆さんがやっているように 「刻々ケイタイでアップしながら」なんて


  思っていたらとんでもない、使い慣れないケイタイのブログアップは


  2度、3度 消えてしまい・・・ イヤ消してしまい(勝手に消えるわけないもんね)


  帰るころにやっと慣れました。


    
   合い間に撮ったデジカメの写真も見ていただければ幸い・・・ (サムネイルです)


  


DSC01633.jpg
のんびり引田(ひけた)駅 



 動機         単に誘われたから(余っていたからだとアトで気づく)
  
             青春18切符を正しく使ったことがなかったから


 目的(アトづけ)  広島焼きと讃岐うどんを本場でその日の昼めしと晩めしにする


 時間(これも結果的に)  49時間



DSC01642-1.jpg

屋島の夏



 乗降した駅     大津ーー相生ーー岡山ーー糸崎 --広島
             
             広島ーー岡山ーー高松ーー引田ーー屋島

             屋島ーー高松築港(琴電)--高松ーー岡山

             岡山ーー長船ーー播州赤穂ーー大津


 交通費        たった  4600円  (青春切符2日分)
             
             普通運賃なら なんと  17、660円 かかる

             新幹線 特急利用なら・・・  (計算していません)

 宿泊費        たった  4980円 

           ※ どこに泊まったかわかる人にはすぐ判る値段(ラブホじゃないぞ!)
           ※ このホテルも初体験でしたが想像以上にグッドでした



DSC01661.jpg

隠居屋 ここで泊まったわけではない

            

DSC01649.jpg


古い歌舞伎舞台



 食費      広島焼き  

        ※  だいたいどこでも 700~900円くらい スペシャルでも1200円!!

          讃岐うどん 

        ※  だいたいどこでも 200~300円くらい スペシャルでも500円!!

               ( 両方とも一流店でのオネダンですよ )


 注意点   ランダム

          ※  あまり近所や会社に公言しないで、 おみやげは最小限にする。 
             ( これで青春切符代くらいは飛ぶ )

          ※  過度ではない鉄ちゃんをつれて行くと便利


          ※  お腹の大きさや体型が同じくらいの人と行くとさらに好都合


          ※  この場合、ホテルはスーパーホテルに限る


          ※  大きな時刻表はもういらない ケイタイですべてOK
              ( 但し おじさんはメガネ忘れずに・・・ )

          ※  今や地方路線ほど冷房はギンギンです
              ( 保冷のためドアはボタンで開けます。 冬みたいに )

          ※  青春18切符という気恥ずかしい名前は忘れる
              ( 年配の夫婦づれや家族揃ってや赤ちゃんづれカップルもいた
                 ガソリン200円時代の救世主かも)

          ※  習うより慣れろ
              ( 18切符 も  ケイタイ情報  も  ブログアップも・・・ )  




DSC01619-1.jpg

尾道城 




DSC01605.jpg

炎と祈り

 
青春おっさん切符してます
CA3A0010_2.jpg

豊ママのブログで既にばらされましたが、先週はいいとこ取りツアーでしたが、今週はおっさん2人で安いとこどりツアーになりました。

青春18切符を使って広島焼きを食べにいこうという話しに、どうせなら讃岐うどんの方が良いと言ったら広島と高松と両方いけるかどうか試してみることになり、大変な旅が急遽始まりました。7時に大津を出てもう倉敷も過ぎましたが、余りに連絡が良過ぎて写真とるヒマもありませんでした。

やっと尾道です。

あと少しで広島です。

次の写真はもう広島焼きかも…
アナログプレーヤー
 私はいわゆるオーディオマニアではありませんが、



新しいアナログのターンテーブルを買ってしまいました。


 20年以上も前から使っていたDENONのプレーヤーが1~2年前から


回転ムラを起こすようになってしまい、オーディオ屋さんに相談したら


 古いものなので、修理にはかなりお金がかかるとの事。


お定まりの新しいものを買った方が御得ですというパターンです。


  そうはいっても手ばなしたくないものってありますよね。


 これが古いプレーヤーです。 どっしりとした木製でとても いい顔 してます。


DSC01582.jpg



 そんなに高価なものではなかったのですが、私が買っただいぶアトに


大ヒットして名機と呼ばれるようになったそうです。


 大切に使っていたものなので、オークションに出したり譲ったりする気にはなれません。
 

 今でも何とか自分で修理をと思っています。 


それまでは飾りとして保管しておくことにしました。



DSC01577.jpg



  こちらが新しく買ったプレーヤーで同じDENON製。



  20年以上たって最近アナログが復活してから出て来た後継機です。


DJ仕様ではなくピッチコントロールなどついていないところが気にいりました。



 昔のような あたたかく いい音 が します


 それはいいんですが


部屋の天井まであるこのレコードを全部聴こうと思うと


 どのくらい時間がかかるのか 


DSC01583.jpg



 
十割そば
DSC01537.jpg



 京都の街なかにあるおそば屋さんで十割そばを食べて来ました。


 有喜蕎心庵  うき きょうしんあん と読みます。


場所は河原町通りに面した西側で、御池と丸太町の中間くらい。



この店がちょっとめずらしいのは


   塾生によるお店だということです。



塾生といってもサテスタ塾ではなく、有喜屋さんという有名なおそば屋さんの


手打ちそば塾に集まっていた人たちが中心になって開業(2004年)した


手打ちそばの店です。


といっても、アマチュアなお店ではありませんぞ。 友人に紹介された時に


もらった名刺には「趣味が昂じて店となった」と書いてありましたが、


もう今ではこの場所になじんだお店となっています。


 値段が高くカッコウばかりの手打ちソバ屋さんが増えていますが、


 この店は派手すぎず、地道な一生懸命さが伝わって来ます。


 10割そば。 ダシにつける前に最初は塩で味を楽しみます。


 塩だけでも全部いけそうでしたが、 メインのおだしもなかなかいける。


 もう一枚。と言いそうになったが、また来ればいいのだ。
 


DSC01538-1.jpg
 


 
むなしーー。
2~3日前にたまたま閉鎖コンビニ店の話題をアップしたけど、


今、世間ではコンビニの深夜営業規制の問題で盛り上がっている。


コンビニの24時間営業はまさに現代ニッポンの多消費型の


生活スタイルの象徴そのものだけに、CO2削減の直接効果以上に


間接的な波及効果をねらいターゲットになっているらしい。



 それだけ人々への影響が大きいとも言える  (都会か田舎か、場所にもよるが)



 その昔、オイルショックの時代に全国でネオンサインを消したことが


あったが、あれに似ている。   (あれは別に悪い影響なかったが・・・)


 ( 喉もとすぎればライトアップ )



   コンビニは


 そりゃー誰にとっても便利だし、もうすでに深夜のインフラになって


いるものを突然無くされるのも困る、という人も多いだろう。 それに


 じゃーそれ以外の24時間営業も規制しろ、 という意見もごもっとも。



 ( トイレが困るーーー。 っていうコメントも入りそうだし )



 今のところ京都市が規制する方向で、埼玉県なども検討に入っているらしい



まあこの問題も賛否両論喧々囂々(さんぴりょうろんけんけんごうごう)



となるでしょうが、時代的に言うと、 全国一せいにという必要はない。



 規制するところとしないところに分かれて見れば


  どちらがいいのかはっきりするでしょう。


 とワタクシは思うのです。     例えば・・・  



 「京都市というところでは深夜にコンビニは空いてないよ」 



 地域で考え地域で実行する。  その代わり責任も皆でとる。


  それに慣れてしまえば、それまでですよ。



  膳所の会社に引っ越して来た時、



「 なにー 駅前のマックが24時間じゃない。 朝マックがないなんて 」 


 と思ったが




 今やそれも、なんとか武蔵になってるし。。。



 あー 武蔵じゃなかった 宮本むなし と言うらしい。


 
その後の畑リポート
梅雨どきの今はナカナカ畑にタイミング良くいけません。


守山にあるので大津からだと車でも30分近くかかります。


 これではガソリン代もかかるし、せっかく自然を楽しみに行くのに


  余計な環境負荷もかかる。


 一度は自転車で行って見ましたが、畑仕事のアトでまたまた


自転車で帰るのはツライツライと思い込んで仕事せずに


オヤツだけで帰って来ました。  


 ああ、何て弱腰なんだろう。 (本当に腰痛はあるんですよ、時々ですけど)


というわけでこのところは雨の影響もあり週イチくらいです。


 畑の近所に住む義理のお兄さんがこまめにやってくれているらしい。


  ( 遠くの畑より近くの親戚??? )


晴れ間のあった先週の夕方ちょっと寄ってみたら、


  すごーーい  草々 草々 でびっくりしました。


 それでも 万願寺唐辛子、茄子、トマトが出来ていました。


  でも赤くなったトマトは見事に失敗。


 スゴイ怖い顔になっていました。  カラスもうちの畑にはあまり


 近づきません。    よーーー知ってはる。



 

CA3A0062-s.jpg


CA3A0068-s.jpg


CA3A0067-s.jpg


CA3A0065-s.jpg

無くなっていた
SANY0255.jpg



閉鎖されたコンビニです。


特に自分が良く利用していた店だと 、 エエーなんで!!


となりますね。  でも次からは 又もう少し行けばあるわ


  と思ってしまいます。


商品の大量消費、大量生産の時代を満喫?して来た我々ですが


 それを売る「お店」まで大量設置、大量廃業ではやはり長続き


 しないのでしょう。  1軒1軒のお店の裏には経営者、従業員


 そしてお客さんのイロイロな人生があったのに・・・


 こうやって閉鎖されてしまった姿はどこも同じに見えてしまう。


  

 人生はコンビニエンス  じゃないよねー。



今度通る時にはもうべつの顔になっていると思うけど・・・


 

人と人をつなぐ言葉
DSC00441.jpg


これはフイレンツエ大聖堂です。


 ドームのテッペンはこうなっています (撮影は豊ママです)


DSC00440.jpg




一般的に、フツウの日本人は学校で英語を習う時に、文法や文型や発音が


気になって、そもそも何のために会話をするのかという本分を見失うために


奈落へ突き落とされるケースがほとんどですね。



 思い出しても笑っちゃうけど・・  最初がいけないんだよね。


This is a pen.    これは鉛筆です。


よーく考えたら。 鉛筆が目の前にあるのに 「これは鉛筆です」 なんて絶対言わない!



  それに気がついた時にはもう遅かった。   あのときに



 「先生 変だよ」 って言えていたら人生は変わっていたな。



   これは我々の時代の話で、現在の英語教育はわかりませんが


 でも、今でもフツウの中高生がそんなに流暢に英語をしゃべれるようには


  なっていないでしょう。  


 何と 日本人の英会話力の平均はアジアでも最低のレベルだそうです。


日本人の英会話力が落ちたというより、アジア諸国の英語教育が


 コミュニケーション力(言語運用能力)を中心に展開しているからだそうです。



小学生から外語教育をするのは海外では常識ですが、日本では未だに



 こんなことでさえ論争論争で先へ進まない。



語学は目的では無い、交感(コミュニケーション)が出来れば良い。



  言葉をどれだけおぼえても、それを使えなければ意味が無い。



これからは、ますます地球社会という単位で生きていかなければ


  やっていけない時代。


 フイレンツエ大聖堂に日本語の落書きを残して来た学生たち


  何のためにイタリアへ行くのか? 



それが無いんだろうね。



現地の人たちと、たとえ身振り手振りでも何か話していたら、


     交感が出来ていたら (交感 は私の造語です)


 あんなことはしなかった、いや出来なかったはずです。



 落書き大学生には落第してもらいましょう。。。







母なカルメンマキ
music shiga のM崎さんからカルメン・マキさんが来るので、と聞いて


昨夜は本当に久しぶりにコンサートに行きました。


あたりまえの話だが、どのミュージシャンも自分で生きている。 でも彼女ほど最初から


自分で生きているミュージシャンは少ない。 うんと若いときの僕は思っていた・・・


  本人に確かめたわけではないが、多分それは僕の大間違いだったんだろう。



「時には母のない子のように」(1969)を忘れたわけではないけれど、


 
 「もうこの曲あきちゃった」とハードロックの世界へ行った時もみんなは彼女らしい


生き方、と思っていた。





 ”母なカルメンマキ”だ


 
 久しぶりに生の声が流れ、最初に思ったのはそのことだった。



 うーん彼女もやっと自分の声を楽しみ 音楽を楽しみ 生き方を愉しんでいる。



失礼??   いや、もちろん確かめたわけでもないし。 いつごろからかも知りませんが。



 これが同じ世界で同じ時代を生きたボクの感想。



 そう言えば、唄の合間のオシャベリにも彼女のブログにも娘さんの話が出ていた。

    http://blogs.dion.ne.jp/carmenmaki/archives/cat_239597-1.html


もうひとつ思ったこと



 

カルメン・マキさんがロックに開眼したきっかけはジャニス・ジョプリンだったというが、



もしあのジャニスが生きていてくれたらきっとこんな唄をうたい


こんな母になっていたかも と思った。



 とてもとても愉しいコンサートでした。


  


 

  そのコンサートの最後で彼女が 「ピアノと詩」だけのアルバムを出した話を


していたので、今日は早速それを買って聞いてみた。


shiroitsuki2.jpg







こんなところに
CA3A0056.jpg



我が家のニャンコ 「ゆらら」が最近こんなところに寝ています。


これは私のデスクで右がPCとモニター、左上がプリンター。


そしてゆららが寝こけているのは何と書類入れのファイルボックス。


それもすごーくレトロなBOXです。 あめ色の厚紙で出来た書類入れです。


中には リモコンや携帯電話も置いてあるのに おかまいなし。


少なくとも、ゴツゴツしていて心地良い状態ではないはず。


むしろ、小さくて狭いしファンの音も聞こえるはず。


温度だって涼しくもないし?  何故ここが好きなんだろう。


ぐるっと丸くなって寝るギリギリの大きさが良いのか、それとも



寝ながらどこかと ”通信” してるんだろうか。



父の日 二題  その2
CA3A0054.jpg



いつもは新聞のチラシを丁寧に見る方ではないのだが、


このコピーは目にとまった。


 できれば、寿司が ありがたい (父)


 父の日 にぎり  780円(税込み819円)


いやー 泣かせますね。  


   こので 「できれば」 という遠慮がちな表現が重い。


   「寿司が」  という 遠ざかっている表現が強い


   「ありがたい」 のです という 決定権力のなさがそこはかとなく表現され


     全体にもの哀しく上手くまとまっている。



ここにお父さんからの家族に対する深い思慮と愛情が隠されているんじゃないかい。


もちろん、カウンターの高級寿司じゃないんだよ、回転するお寿司でもないんだよ。


茶月さんなんだよ。(茶月さんほんとうにゴメン)  


それでも  できれば!  と


ガソリン高騰、諸物価続々値上げの時節がら 、 いつも本心を


飲み込んでしまっているお父さんたちよ、 父の日くらい堂々と叫ぼう


  絶対 寿司 食いてー!!  


イヤ 叫んだら認めれるほど 世の中そんなに甘くないのか?



 ( お断りしておきますが、スシをネタにしたのはあくまでブログのネタでありまして、

    日曜日にスシが食いたいと、 間接的に家族に訴えているわけではありません)
父の日 二題  その①
fig_cm_aya-wrongs.png



今年も父の日がやって来る。

でも今年は人気一番のお父さんがこの人?なので、ちょっと変。

「なんでお父さんがイヌなの?」 で始ったこのシリーズ

彩ちゃんよりもお母さんよりもお兄ちゃんよりもやっぱり


 主役はお父さん 

さすが注目度NO1のこのCM。


もし、このお父さん役がイヌでなかったら私は最初からこのCMを見なかった!!


今でこそ、あのお父さん役には 寺尾聡とか島田神助とか


福田首相とかのキャスティングも考えられるが?? 


最初から人間だったら大ヒットしなかっただろうし、



 9割の人が おもろー って 思ったでしょう。 

 
(この際、アトの1割の人は放っておきましょう。) 



さてさて ベタほめしたアトでなんですが・・・・



今度の、猫ちゃんを登場させた新バージョン


あれは面白くないですね。 


だってイヌはお父さん役なのに何と猫はネコの役なんですよ。

  
ツマラン! ってあのお父さんが吼えそうです。


fig_cm_timelimit.png

国交省 2カ月間
昨日の夕刊に小さく載っていたので報告。


国土交通省は職員の深夜帰宅に使うタクシーチケットを


2カ月間試行的に廃止するらしい。


期間中は可能な限り早く帰宅させる。 とか


やむお得ず乗る場合は現金で払う。 とか (あの新札か?)


いろいろおっしゃっていらしゃるばってんが・・・


なんでダイワハウス( じゃなっかた) なんで2カ月なのって思うし、


やれば出来る・・  という前に今までいったいいくら使っちゃったの?


肝心の財務省はどうしたの? って言いたくなるよね。







公金一目瞭然!!
予想どおり、例の居酒屋タクシー(じゃなかった)財務省のタク券問題も、

誰がホントに悪いのか、だからどうするのかよく解らないままNEWSの表から

姿を消そうとしている。

昨夜のWATCH plus さんの2千円札の話題のブログを見てある事を

思いつきました。

やっぱりタクシー券は簡単に使われてしまうから、今後は現ナマにしましょう。

いっそ、このような新しい1万円札発行してみたら?


これならば使う方は銀座や新地から使いづらいでしょうし、


受け取る方もフムフム 税金はこんな使われ方しとるのかと


公金一目瞭然 !!

ついでに巨額な振込みの場合もコンピューターを改造して 公金は

(赤い文字じゃシャレにならんから)

ピンクの文字で出る事にしたらどうよ?


EFBC91E4B887E58686.jpg

京都市営バス
kyotocity_0322l.jpg


最近週に一回は京都市営バスに乗っています。

行きは夕方で帰りは夜おそくですが、今まで京都には車や地下鉄で

行くことが殆どだったので市バスを利用した記憶はあまりありません。


むしろ、自家用ドライバーの立場からは、特に京都の市バスは運転が乱暴で

その上、バスや道路の込み具合が半端でない時が多い。


そういう印象でした。


事実、最近でも事故があったり、苦情がネットに氾濫していたり、と

劇的に変わったという話は聞きません。


 ところが


私がいつも乗る路線はメインストリートなんですが、(だからなのか??)


どの運転手さんも結構親切丁寧にお客さんや外国人に対応してはります。


「 この先バスが揺れますよ!  ホントウニ揺れますよ!!」

には本当に笑ってしまいましたし、

一度降りてしまった、ひと目で観光客と思われるカップルに外のスピーカーで寺院への

入り道を教えたり。


この間の夜には、女性の乗客が降りようとするとドアを閉めたまま


「 少しお待ち下さい。 自転車が来ますから 」といって制止しました。


しばらくして(10秒くらい)あとに無灯火で歩道をハイスピード疾走する自転車が通りすぎました。
 (そこまで気をつけるのは当たり前と言えばそうなんですが・・・)


それに、京都のメインストリートは路肩に駐停車している乗用車が多すぎて


それを避けてバス停に出入りするのは大変たいへん。 


視点が変わって運転席側から見るといろんな事がわかるもんですねー。


バス停にアト何分くらいで到着するかの表示があるのは知っていましたが、


ケイタイでそれを知る事が出来る ポケロケ?は恥ずかしながら知りませんでした。


という事は車内に乗っていてもあと何分くらいで着くのかが判るということですよね。


 (判ったからといって早く着くわけでもないけど・・・)



最高の人生の見つけかた
1006044_01.jpg


自動車整備工のカーターと実業家で大金持ちのエドワードが
入院先の病院で相部屋となる。
方や見舞いに訪れる家族に囲まれ、方ややって来るのは秘書だけ
という2人には何の共通点もなかった。
ところが、共に余命半年の末期ガンであることが判明し、
カーターが死ぬ前にやっておきたいことをメモした“棺おけリスト”
を見つけたエドワードはリストの実行を持ちかける。
2人は周囲の反対を押し切って冒険の旅に出る。



原題のバケット・リストとは、いわば棺桶に入るその時までに見たいやりたい体験したい
などの実現したい事を書きだしたリスト「棺桶リスト」の事だそうです。

死ぬ前にやることリスト

*スカイダイビングをする

*世界一の美女にキスする

*泣くほど笑う

*見ず知らずの人に親切にする

*荘厳な景色を見る

*刺青をする

*ピラミッドを観る

*ライオン狩りにいく

・・・・・・・etc だそうです。

 簡単に言えば、大金持ちのエドワードには全部出来て
 カーターにはやろうと思ったけど出来なかったこと。
 シリアスなお話を脚本と演技力で笑い飛ばして、考えさせ、
 そして泣かせる・・・  納得の結末はそれこそ 「 最高 」 です。



  ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンというハリウッドを代表
 する二大名優の初めての共演だそうです。

  お二人にとってはこの共演も俳優としての”やりたいことリスト”に
 入っていたに違いない。
 名優ってますます名優になって行くからスゴイね。



水野晴郎さんには大阪時代に何回か映画の話でゲストに
出ていただいたことがあります。
まだあの名セリフが話題になりだした初期の頃だったような
気がします。 

水野晴郎さんも この映画をごらんになったのでしょうね。
ご冥福をお祈りします。
 
 
 
 


三角鎌
   さ ー ん かくがまーー

って思わず叫んでみたくなるほど強力な助っ人でした。


 実は先日、カワイイ ある方から 畑で使ってください と三角鎌をいただきました。


 プレゼントしてくれた彼女は  「とても ヨイ から 」 と言っていましたが、



    恥ずかしながら なんちゃって初心者のワタクシ は 



 この農機具 (じゃなかった 園芸用品かな) のことを知りませんでした。



  要するに雑草を取り除く時に 深く 鋭く  根絶やしに出来るスグレモノでした。



草を引いたアトを均す(ならす)のにもちょうど良い角度と長さなんです。


CA3A0048.jpg



これを使って死ぬほどガンバッて頑固なスギ草を退治しました。


そら豆、えんどう豆など収穫できましたが、 手にもマメ出来ました。face30face27face29

 

 CA3A0050.jpg


 これが畑の風景です。 手前が始めたばかりのビギナー畑です。
 奥にあるのはご近所さんのベテラン畑で雑草は全くありません。

 その奥はもう野洲川です。
収穫!収穫!!



えんどう豆  そら豆  そしてスナックえんどう  収穫出来ました。


いやー もう 経験豊富な皆様の前にお出しするのはちと恥ずかしいけど


4月から・・・  というより生まれて初めてノーギョー (業というより行)というもの


を始めて小さい畑のなかでイロイロ教えてもらいながらやっていますが、


やっと、収穫といってもいいくらいの量がとれました。


ええーー  たったこれだけーー face08って思われるかもしれませんが、


これは あくまでも 第1陣です。 

 しかも協働の3人で分けています。


見るからに 「揃っていなかったり」 「きたなかったり」 「おいしそうでない」


感じがしますが、そこはなんせ素人の有機栽培ですから・・・・face02


 でも、きっとおいしいと思うよ。


    いっただきまーす









後光がさすタクシー券
昨日も書いたけど・・・

相変らず今日のニュースでも 「居酒屋タクシー」なんて言葉が飛び交っている。

「テレビ世論?」は ”タクシー会社と受け取った役人達ケシカラン”に向かっているように思う。

そのうち 「商品券はダメだけどビールくらいは仕方ない・・・」という応援コメントが出てきそうな気配。

 


本当にダメなのはビールではなく無制限なタクシーチケットでしょう。

これも税金の使い道なんだから。


つまりビールやおつまみはこの場合 ”トカゲのシッポ”ということになる。



朝日は朝刊で 「何でいまごろ問題に?」という声とともに

20年前からずっと続いているのにという運転手の声も紹介している。



午後10時を過ぎると官庁街にずらりと個人タクシーが並び

官公庁のタクシーチケットは後光がさしているそうだ。
収穫!収穫!!
CA3A0042.jpg
えんどう豆  そら豆  そしてスナックえんどう  収穫出来ました。 いやー もう 経験豊富な皆様の前にお出しするのはちと恥ずかしいけど 4月から・・・  というより生まれて初めてノーギョー (業というより行)というもの を始めて小さい畑のなかでイロイロ教えてもらいながらやっていますが、 やっと、収穫といってもいいくらいの量がとれました。 ええーー  たったこれだけーー face08って思われるかもしれませんが、 これは あくまでも 第1陣です。   しかも協働の3人で分けています。 見るからに 「揃っていなかったり」 「きたなかったり」 「おいしそうでない」 感じがしますが、そこはなんせ素人の有機栽培ですから・・・・face02  でも、きっとおいしいと思うよ。
    いっただきまーす
CA3A0047.jpg


プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード