FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

グランフォンド
グランフォンド

グランフォンド福井に申し込んでしまいました。

「グランフォンド」とは? 自転車レースの長距離走イベントの名称ですが、

日本で最初のグランフォンドである「グランフォンド福井」は、今年で6回目を迎えるそうです

私が申し込んだのは 100Kmのコース。  クラス設定は

プレミアム 210Km (200名)、グランフォンド 150Km (1,100名)、フォンド 100Km (500名)、

プチフォンド 50Km (150名)、スローフォンド (50名) と様々あります。



自分の体力に合わせて、タイムを競う事なく、完走を目指してチャレンジしてすれば良い

と聞いていたんですが・・・

16年選手さんに聞いたら 「めっちゃめちゃ坂がシンドイですよ」 って言われました。

そういえばスタートがスキー場らしいから、高い山の中ということですよね。

『福井には海も山もあり、美しい自然も多く、地方であるが故の交通量の少なさもあって、
サイクリングを楽しむには最高のロケーションと言えると思います。これらの特徴を生かし、
これからも毎年開催できるよう、たくさんの皆さんのご参加・ご協力をお待ちしています。』

て書いてあったから気楽に申し込みましたが、 6月14日の当日までは

アト3ケ月以上あるので、

これからマジで練習しようと思ってますけんども・・・


スポンサーサイト



びわいちでした。
  昨日は久しぶりのびわいち(びわ湖一周)にトライしていました。

10月中旬にも誘われたのですが、穂高登山直後だったので

体力的にどうかなと思い今回に延期しました。

一年に一回しか回っていませんが、もう7回目になるのかな。

  しかも、今回は自主的?びわいちです。

 朝7時に自宅を出発。


    またまた 何て いいお天気なのだろう!!


     絶好のびわいち日和です。


E995B7E6B59CE6898BE5898D.jpg

 守山でメンバーと合流。 

 3時間で長浜の手前まで来ました。

 実はこれまでのびわいちはいつも時計回りに回っていましたが、

今回は初めて 反時計回りのコースをとっています。

 湖岸の東側はとても走りやすく、疲れません。

11時半ごろには新旭日の 湖北町の水鳥ステーションに到着。


 ここで昼食休憩。 大きなおいなりさん3個とわかさぎのてんぷら

を少々。 びわ湖を一周すると5000キロカロリーを消費するらしい

と聞きましたが。 本日は朝から少し食べすぎたかも・・・


E6B0B4E9B3A5E382B9E38386E383BCE382B7E383A7E383B3-1.jpg
   我々はここまで4時間半でしたが、驚くことに

 10時に出発した別のメンバー(彼は選手らしい)が12時前には

追いついて来ました。 時速で言うと平均で35キロから40キロ近く出ているのかな?


 ちょうど 我々の 倍速です。

   まあ、我々はマイペースでがんばる所存。。。

ここから大津までは 100キロちょっと。まだ半分も来ていません。


E382B5E382A4E38389E382ABE383BC.jpg

 自転車でのツーリングは殆ど出会いませんでしたが

 でも、こんな豪華なサイドカーで湖岸をツーリングする 年配の 

 ご夫婦 (夫婦と聞いたわけではないからカップル)も見かけました。

 湖岸にはぴったりですが、こういうバイクで家の車庫を出る時は

ちょっと勇気が要るのかな?


E7B5B6E699AFE3839DE382A4E383B3E38388.jpg


 ここは奥びわこの絶景ポイントです。

自転車でのびわ湖一周はこのあたりで一泊するくらいが

 いちばん適当だと思うのですが・・・

後半になると 足や腰や手やもちろんお尻も急カーブで痛くなって来ます。

 写真によると15時47分に小松のコンビニで最後の休憩。

あと2時間くらい。 暗くなるまでに到着したい。


E5B08FE69DBE.jpg


 びわ湖大橋西で一部のメンバーとは別れ


 ついに 17時54分 西大津 駅に 到着。

E8A5BFE5A4A7E6B4A5E9A785.jpg

 今回は春以来久しぶりのロードだったので、いつもより疲れましたが


 何とか ビワイチ 完走です。 メーターは182.93キロとなっていました。


 一年づつ年もとっている証拠か?今日(6日)も足 イタイ です。 


 10月の穂高登山と11月のびわいち、 これで今年のムチャはオシマイオシマイ。

E8B5B0E8A18CE8B79DE99BA2.jpg




花火の前の静けさ
CA3A0066.jpg


  2日前の  朝 7時 すぎなのに もう こんなに 場所とり



  ブルーシートを止める大きな石がないから



   水を入れた2リットルのペットボトルを置いている。


        生活の知恵 



  花火の時 飲めるのか?  多分お湯になってると思うけど




 本日も朝 7 時すぎ  近江大橋  30度 でした。



CA3A0057.jpg

いいとこ取りツアー
SANY0005.jpg


 
 飛騨路サイクリングツアーに行って参りました。  本日(26日)も晴天なり!!


といっても、岐阜の山奥まではバスで行きます。 最近の観光バスは


床下に自転車をそのまま立てて積み込むことが出来るんですね。


東海北陸自動車道の 飛騨清見ICを出たところで自転車を引っ張り出して


 出発の準備です。


E38390E382B9E38292E9998DE3828AE3828B.jpg



 ではでは出発。 海抜1000メートル近くのここから飛騨高山までGO・・・



E587BAE799BAE38390E382B9E5898D.jpg


 普通のサイクリングは上りと下りが交互にやって来て、特に山道は



エッコラサエッコラサと坂道がたいへんですが、このツアーは



山の上まで連れて行くからアトは自由に降りて・・・ そして最後は迎えに行ってあげるから



という  「 いいとこどりツアー 」 なんです。  



E38190E38293E38190E38293E9998DE3828AE3828B.jpg


飛騨の奥深い山の中をどんどん下って行きます。 車はほとんど来ません。



小鳥川 と 書いて 「 おどりがわ 」 と読みますが、その川にそって下ると  



 大きなダム湖に出ました。 おどりがわに出来た人造湖だから 


小鳥湖 と書いて おどりこ と読みます。  踊り子の方がよかったりして・・・


 E3818AE381A9E3828AE38193.jpg


 ダムから下を見ると まだまだ下りが続きそうです。



 途中の山道には湧き水のところに きゅうりの無料サービス。 


 塩もおいてありました。 ありがたく頂きます。


今どき無料なんて、中々お目にかかれないので皆さん感激。


E3818DE38285E38186E3828A.jpg


 わたくしはここで皆さんから少し離れて寄り道です。 


    行き先はもちろん飛騨のそば。


 地元のおばちゃんたちによる手打ちそばを地元のとろろで頂きました。


ここで我が家に 「気温27度で幸せ」という短いメールを打ちましたが


 返事はありませんでした。   そーーでしょうね。


E382BDE38390.jpg


 このあと 飛騨古川 飛騨高山と下るにつれてとても暑くなって来ました。


夕方の4時ごろに高山に到着。 そこにはあの大型バスが待っていました。


E9AB98E5B1B1E8BF91E3818F.jpg


E9AB98E5B1B1E5B882E58685.jpg



 
また自転車買ってしまった?
また自転車を買ってしまいました。 

街では絶対見られないヘビーデューティーなやつ。


SANY0229.jpg



街乗りなので一応懐かしいライトと発電器もついています。


SANY0230.jpg




でも残念ながら乗ることは出来ません。   

小さすぎるのです。
           (手前は100円ライターです)

SANY0232.jpg



 なかなか良く出来ていて、ペダル回すとしっかりタイヤも回ります。

 メイド イン インドネシア でした。


SANY0231.jpg











お薦め三題。
一回の自転車旅行でそこまで引っ張らんでも・・・

という外野席の声にもめげず、 今日も先ずはしまなみ海道の話題。


その1  岩城島 (いわぎじま)

  青いレモンと桜の島というキャッチフレーズの書かれたフェリーで渡ると
  人口2千人の瀬戸内海では中くらいの島。
  しまなみ海道のど真ん中にあるのに、橋がかからなかった為、
  フェリーでしか行けません。 
  それが良かったんでしょう、いつかまた来てみたいと思うような島でした。

  SANY0043.jpg
  
  

   車で15分も走れば一周してしまいそうな小さな島ですが、島の頂上まで
   行くことができます。 370mくらいですが、このあたりの瀬戸内では
   いちばん高いらしく 360度のパノラマが楽しめます。
   パラグライダーの滑走施設もありますが、とても急な斜面で、しかも
   どこに着陸するのか不明です。(まさか海では・・・)

  SANY0049.jpg



その2 よし正

   我々が宿泊した民宿です。まず3台の自転車をとめる場所がなかったので
   「50万円もする自転車なので外には止められない」 と交渉しました。
   もちろん3台合わせても そんなにしませんが、びっくりした 宿の人が
   何と大広間を用意して新聞紙を引いてくれました

   E5A4A7E5BA83E99693E887AAE8BBA2E8BB8A.jpg
  
   まあ、とにかく 感じのいい民宿でしたが、 夕食の豪華さには驚きました。
   瀬戸内の魚が売りにはちがいないですが、夕食込み 1万円なのに
   本格的な懐石コースでした。
  
       おさしみは鯛とイカとウニ、そしてさざえ
   osashimi.jpg
 

   
       この煮魚 の名前 は タモリ だそうです
   tamori.jpg
 


       この次が車えびのおどり食い (*こっちがおどろいて写真忘れた!!)


       鯵と車えびのほうろく焼き
   houroku.jpg


   
       これが圧巻 40センチくらいある鯛の中華風揚げもの
       北京ダックみたいに いろいろ巻いておみそで食べます
       これだけで 4人は腹いっぱいになりました ヨ
    tai.jpg


       そして ハモとマツタケと海老の子鍋
    matutake.jpg


       最後は 鯛釜めし
    taigohan.jpg


  
       デシタ!!

       念のため民宿 よし正   http://www.yoshimasa.jp/menu.html

その3  しまなみ海道

      自転車ロードの見本みたいな、満足感あふれるコースでした。
      愛媛県や尾道、今治市などの地元が本当に自転車を大切に大切に考えて
      作った 観光サイクリングコース でした。自転車のためにこれだけお金を
      使ってくれた事に感激しますよ。
      
      琵琶湖周遊も もっともっとサイクリング者の立場にたって充実して欲しい
      と感じました。
     
     

帰ってきました。
  (来島海峡大橋)

SANY0001.jpg




午後8時ごろ大津駅に帰ってきました。

はじめて、携帯でブログにあげながらの自転車旅行。

何と便利なんだろう と ”自画自賛”

今日(日曜日)の画像は カメラをぬらさないようにしたので、あまりありませんが

   来島海峡大橋
  
   伯方・大島大橋

   大三島橋

   多々羅大橋

   生口橋

   因島大橋

 と巨大なつり橋を 6ケ所も楽しみました。

 自転車でも、車でも、ランニングでも、ウォーキングでも 

 ファミリーでもお薦めのコースでした。

 また行きたいなーーー。 ぜひ貴方も。


尾道は雨2
最後の因島大橋を渡りきりました。これでしまなみ海道制覇です。そのあと尾道までのフェリーをさがしていたら、大雨と雷で一時避難。尾道には2時すぎに到着。 最後の最後にずぶ濡れになっちゃいました。して

NEC_0043.jpg



尾道は雨だった
素敵な島、岩城島をあとにして出発。今日はさすがに小雨模様ですが、降ったりやんだりです。生口橋からスタート


NEC_0042.jpg


しまなみ海道の島へ
NEC_0037.jpg


昼は穴子丼で決まり。

NEC_0038.jpg


午後はゆっくりしたスケジュールで民宿のある岩城島と言うところ にフェリーで渡りました。青いレモンの島だそうです。

NEC_0039.jpg


民宿はここ。
泊まり1万円で信じられないほどの豪華な夕食でしたが、その画像は帰ってからにします。


しまなみ海道に拍手
NEC_0035.jpg


しまなみ海道は自転車乗りの人にとって感激です。大きな橋をいくつも渡るんですが、高い橋までの取り付け道路がすべて自動車、原付、自転車と分かれていてスロープ の角度が違います。ママチャリでも四国から本州まで渡ることが出来ます。自転車にも無人の料金所があって50円 100円と入れていきます。
しまなみ海道を走って渡るグループもいます。スゴイ。。。 あちこちにサイクリング施設もあり、琵琶湖一周の道より数倍も気づかいがされています。


NEC_0034.jpg


とりあえず写真


NEC_0036.jpg




NEC_0030.jpg



NEC_0029.jpg

いーーい天気は続いています
ここは最高です。


晴れ男
NEC_0019.jpg




今治に5時30分到着
いーーい天気だや。

しまなみ海道へ出発
NEC_0014.jpg





お天気はともかく西へ
電車で出発。
初めて携帯から投稿したので変だったらコメントお願いします。
これなーーんだ?
SANY0050.jpg


バイク きんちゃく って何でしょう。

答えは りんこうぶくろ。  いんこう じゃないよ。念のため。。。

輪行袋。つまり 自転車を運ぶ時の袋です。

今まで自転車での遠出は 1回だけ 。 四万十川でした。

あのときは人間はバスで運び、自転車はトラックでした。

9月に友人(FM大阪時代の元同僚たち)と しまなみ海道に行きます。

行きはフェリー、帰りは電車で自転車を運びます。

そのために 輪行袋を買いました。

こんな大きなものです。


SANY0054.jpg


いつも琵琶湖一周でお世話になっている深田サイクルの

ふかっち さんが会社まで届けてくれました。

¥3990円 配達付きでした。その代わりお友達???の大角さんと

たくさんしゃべって行きはりました。


何はともあれ・・・・  楽しみじゃーーー
自転車散歩
昨夜は娘のENGAGEMENTにたくさんのコメント

皆さまありがとうございました。

いやーブログって本当に不思議なもんですね。 ぶんぶん(単なる接尾語)



今朝も気持ちのいい朝だったので早朝自転車散歩しました。

SANY0082.jpg


    南郷洗い堰を 夕照の道がわ から見ると
    風がまったくないので 川面に鏡のように景色が映っている。

SANY0081.jpg


    道の反対側には  瀬田川・淀川 70.4Kmの標識
    これは大阪湾までの距離なんでしょうか?

SANY0083.jpg


    そしてこれは近江大橋の上からの プリンスと叡山
    風がなく本当に静かです
久しぶりの自転車
早朝の なぎさ公園です

SANY0074.jpg


今日も 一人サマータイム で 早く目がさめたので

久しぶりに自転車で湖岸を散歩しました。

体調と夏の暑さのために自転車をひかえていましたが、

やっと気持ちよく早朝ミニランすることが出来ました。

昨日は上にいたプリンスを下からながめつつ

SANY0076.jpg




石山側から 近江大橋をのぞむと 遠くはキレイですが

湖岸は水位が下がり、藻がいっぱい繁殖しています。



メタボに自転車
昨夜のブログに対し色々なコメントありがとうございました。

私のコメントの中で

ブログねた 考えていて 寝たままに

         と書いてしまいましたが

ブログねた 考えていて 寝た ママ に


   の誤りでした。 訂正してお詫びいたします。(笑い)



SANY0027.jpg



昨夜は折りたたみ電動自転車の話題のつもりでしたが、

ブログで一句の方が受けたようで・・・  勉強になります

確かにあの自転車は18キロと重たくて、車に乗せるのも

ひと苦労しそうだし、値段も高いし、 もちろん

買う予定もお金もございません。  でも自転車としては

弱者の味方なので、もっと軽く安くなれば 折りたたみ傘

みたいに市民権を得るかも知れません。

自転車メーカーのシマノが社員を参加させて

「自転車がメタボ解消に有効だと実証したい」 と

張り切っているそーです。

健康に良し、環境によし、(車より)サイフに良し  三方良し

の見本じゃないかい?



では 今夜のブログで一句   かるーーく 行って見よう

    夫婦して ブログに向かい カキクケコ

             うーん  いまいち?
折りたたみ電動自転車
本日の体重 72.0Kg

ななんと回復の速いことでしょう。 

コレはいいことなんだろうけど・・・ 何だかなーーー

退院後まだ、自転車には乗っていない。

(といっても、オシリの病気ではないので、念のため)

世の中がアチチすぎるので、ためらっているだけです。

ワタクシは所詮その程度の季節自転車フリークなので・・・


今度は9月にFM大阪の友人達と「しまなみ海道」へ行くので

楽しみにとってあります。

さて、自転車といえば

先日、出会ったびわ湖放送の人が乗っていた、

折りたたみ電動自転車 (下の写真)が大変気になっています。


BE-EPC03G.jpg

http://www.panabyc.co.jp/products/electric/EPC.html


びわ湖放送への長く急な坂道でもスイスイ登れるそうです。


滋賀県だけでも、皆さんが車の後ろに、あるいは電車に


これを積んでスイスイするようになったら環境にもびわ湖にも


何よりも健康にもいいと思うんだけど


もちろん結構、いい値段するので、


「県民まとめ買い」

なんていう方法で格安にしていただかないとネ。


では本日も恒例の  ブログで一句   おたくはどっち?


    ブログねた 分け合う 仲の 二人かな



    ブログねた 取り合う 仲の 二人かな


ちなみに我が家は 取り合うことはありませんが


分け合うこともありませんです。  ハイ。。。

      


プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード