FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
08 | 2007/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

リンクスビル発見 2
昨日の続きです。


開局まで10ケ月にせまった2月末になっても未だ本社ビルは

決まっていませんでしたが、最後に現れた候補の リンクスビルが

3月に入って俄然優位になりました。  ラジオ局といえどもやはり滋賀にあって

スタジオからびわ湖が見えないのは意味がないと思っていましたが、案外見慣れて

いる地元の人達が忘れていた条件かも知れません。

     
       今でも、ゲストが始めて本社に来て「びわ湖がキレイですねー」


       「びわ湖って大きいですね」と言ってもらう度に、「いやこれは南湖だけで」


       とかツッコミを入れながら、ここで良かったと思っています。


       
私の当時の手帳によると、この年の3月15日に設計担当の人とリンクスビルを

見に来て、初めてレイアウトの打ち合わせをしています。


  左が96年3月に撮った写真         右が2007年9月現在の写真   
E3828AE38293E3818FE38199EFBC91.jpg>>SANY0132.jpg
E3828AE38293E3818FE38199EFBC92.jpg>>SANY0130.jpg

スポンサーサイト



リンクスビル発見
前回は 本社ビルの候補地のひとつとして、琵琶湖文化館まで検討した

ということを書きました。

便利さ、広さ、高さ、面積、家賃、もちろん、条件としてはイロイロな問題があったのだが、何よりも

時間が足りない  という事が最大のネックでした。

     放送免許の申請の時は仮の場所のビルで登録していたのだが、仮の場所では

     最低半年はかかる放送機器の種類さえ決められません。

     送信アンテナの位置はNHK-FMと同じ場所(現在の岩根山)と決まっていた

     ので、そこまでの音の送り方を決めるためにも場所の固定は必要でした。

     例えば、STLという電波を使った送りかたを選んでも、途中に高い建物や山が
   
     あったら断念せざるをえません。

そんな時に地元のメンバーから 「ここは、あまり良くありませんが」

と言って見に行ったのが現在のリンクスビルでした。 

灯台もと暗しとはよく言ったもので、仮申請のビルのすぐ前に

放送局にはぴったりの変わった設計のビルがありました。

高松伸という気鋭の建築家(現在は超有名ですが)のビルがガラ空き状態で残って

いました。 

最上階の6階はレストラン仕様なので周囲は総ガラス張りで天井高も6m以上あり

放送局としても十分カッコイイ建物でした。


そして心に決めていた最後の条件も満たしていた。  最後の条件とは


スタジオからびわ湖が見えること !  




大作さんと大洋さん
番組終了後 大作さん・スタッフと記念撮影

SANY0134.jpg


小林大作さんのナッツメロンショーは今日が最終回でした。

長いようで短い2年間でしたが、大作さんと私とのお付き合いは

30年以上になります。 大作さんが学校を出てすぐタレントさんになって

FM大阪で歌謡曲番組をやっていました。

その後、ディレクター(私)としゃべり手(大作)の関係で何年もご一緒しました。

年齢がそれほど離れていなかったのと、大変な番組で苦労したので、

仕事仲間としてだけでなく、公私ともにお付き合いをしています。

そういえば彼の結婚式はクラレ白鷺でした。(大阪の人ならCM覚えているでしょう)


まさか、また滋賀で2人で仕事が出来るとは思っていなかったけど、彼は昔から

滋賀や琵琶湖が大好きでした。

本当に久しぶりに大作さんと仕事が出来て楽しかったです。 また、どこかで・・・


来週からナッツメロンの水曜日・木曜日は 川下大洋さんに代わります。


川下大洋さんともFM大阪で1年間 「 アフタヌーンジャック 」という午後のワイド

番組をやっていました。 「アフタヌーンジャック」は初代DJが川下さんと樹原マユミ

さんでした。 樹原マユミさんはその後もずーとアフタヌーンジャックをやっていましたネ。


これがその時に作ったお宝モノのテレフォンカードです


SANY0144.jpg




 放送時間は 13時から16時まで

 月・火・金 が川下大洋  水・木・金が樹原マユミ さんと書いてあります。
 
 ということは 大洋さんと樹原さんは金曜日にコンビを組んでいたということ・・・

   ご両人ともおぼえていますか? 

私はJAC851の初代プロデューサーでした。

あ、申し遅れましたが、ナッツメロンショーのプロデューサーもワ・タ・シでございますよ。


今後ともナッツメロンと

     川下大洋さんをよろしくお願いします








こんな撮り方あります
SANY0125.jpg


皆さんが名月をブログアップしているので私もやって見ました。

でもこれは望遠レンズではありません。

年代ものの望遠鏡にデジカメをくっつけて撮ってみました。

本当はきっちりと取り付ける器具があるんでしょうが、今夜は

手で押さえながら 月を探しました。 デジカメでは写らないクレーターが見えます。

望遠鏡で見ている月をデジカメで撮ったことになります。

年代ものの望遠鏡とはこれです。

SANY0129.jpg


2日続けてニアピン賞
E3838BE382A2E38394E383B3E8B39E.jpg


それほどのゴルフ好きでもないし、

2日続けてゴルフするなど10年に一度あるかないかだし、

ご承知のように、腕に自信はまるでないワタクシでありますが・・・

・・・・・・・・・・が!

なななんと2日間で3回もニアピン賞をとりました。 


          地球の地軸がズレたのでしょうか?

土曜日のゴルフでは賞品に 「どんべえ 1ダース」でしたが・・・

日曜日の賞品がまたまた 「パスタ 食べ比べセット」・・・・・

   炭水化物十分な今週の我が家でございます。

E38391E382B9E382BFE382BBE38383E38388.jpg

彦根から京都続き
土曜日、彦根からブログアップしてこれから京都行きます、と書いて

そのままになっていました。

新鮮な情報がいのちのブログにおとといの出来事を書こうとしています。 


その間、某ブロガーにイロイロな情報を先に逐一アップされていたた

め戦意喪失気味(決して戦っているわけではありません。 めっそうもない・・・)

でしたが、今日は1日 家に閉じこもり今後の作戦?など考え過ごしております。
  (何の作戦や?)


さて、京都の夜は豪勢(古いなー  セレブリティーと言うべきかな)でした。

立教大学放送研究会のシニアOB会のみなさんが京都観光と滋賀での

ゴルフ会に来られたためです。


シニア会ですから、もちろん私以上のお年の大先輩ばかりで、

私が大学の4年間を過ごした部活の先輩です。

徳光和夫さんや、みのもんたさんは今回は参加されていませんが、

シニア会のメンバーは各局のアナウンサーや放送関係、広告関係

の方がたくさんいらっしゃいます。

彦根から到着すると、もう皆さんはおそろいで 祇園の白梅という

料理旅館での食事会、元へ「お食事会」でした。

さすがに皆様、セレブな方ばかりでもあり、大先輩の前で

懐石料理が出るたびに写メをパシャパシャとする感じでも無かったので・・・

お料理はパンフからの雰囲気です。 


E799BDE6A285.jpg



そして、ひとしきり昔ばなしに花が咲いたあとは”舞妓はーーん”が来てくれる

祇園のラウンジで2次会。

いわゆる「お茶屋遊び」と違って、本物の舞妓さんがラウンジバーに来て

ひととき、お話をしたり写真をとったりとお相手をしてくれます。

今日来てくれたのは 名古屋出身の可愛い舞妓はーーん”佳つ幸”さん18歳。



ちなみに、 私の左に写っている女性は TBSラジオで毎朝 森本毅郎さんとしゃべっている

遠藤泰子先輩です。 遠藤泰子さんは永六輔さんと「誰かとどこかで」というラジオ番組

を40年間以上も続けていらっしゃる日本最長コンビの方です。 ラジオ界のレジェンド的存在。

TBS入社1年後に番組が始って2007年7月で何と放送11000回です。

1万1000回ですよ。

日本全国で放送されていますが、何故か関西だけは今は放送してないんです。残念。。。



E8889EE5A693E381AFE38293.jpg













 


彦根から京都
NEC_0049.jpg


今朝はここからスタートです。場所は彦根カントリーです。今日もジリジリ焼けそうないいお天気ですけど成績はどうでしょう。
遊んでいるようですが、ある広告会社さんのコンペです。あ・でもやっぱりあそんでらー。


成績はいつも通りでしたが、今日はニアピン賞をいただきました。


これから京都へ向かいます 


開局ウラばなし
お待たせいたしました。!!

前回のクイズの答えは難しかったみたいですね。

実は前回の文章の最後にヒントを隠していました。

   
  候(そうろう)  武士  お城   ・・・ (誰もわからん 自己満足ヒントでしたが・・・)



プリンス(ケンパさん)明日都(スポーツ小僧さん)、県庁(ダブルスープさん)、
西部(namazuさん) びわこタワー(白竜さん) 紅葉パラダイス(うさぎいぬさん)
カマボコの天辺(Meelさん プリンスの事?) 
たくさんのコメントをいただきましたにもかかわらず、

正解者なしでした。

やはり11年という歳月は古都大津の風景を大きく変えたのですねー。

大津にこの建物のイメージが出て来なかったみたいです。



開局準備で本社スタジオの場所探しをしていて、とっても気になったのは お城でした。


E69687E7A791E9A4A8EFBC91.jpg



ここにFMのスタジオがあったら 日本一おもしろいFM局になる!!


E69687E58C96E9A4A8EFBC92.jpg


もちろんプリンスはありましたが、琵琶湖ホールもパルコも琵琶湖ホテルも明日都も

まだ存在しなかった大津湖岸では 琵琶湖文化館は おもしろそうでした。

会議の時に、「もし、ここに引っ越したら社長は殿様の格好をしてもらおう」なんて冗談を言ってました。


琵琶湖の上に浮いているようなスタジオから四方を眺めながら番組が出来る。


いつものように 夢 はふくらむばかり   だが・・・・


だが現実は 


          調べるにしたがって難問が立ちはだかった。

    「県立の建物なので、県議会をはじめ、許可を得るのに1~2年かかるのでは・・・」

    「外装、内装ともかなり傷んでいるので、キレイに修理するだけで何億もかかるのでは・・・」

    「湖の真上なので 湿気がひどく 放送機器がすぐ故障するのでは・・・」


 またまた 時間切れ (お金がなかったのもあるが)でこのグッドアイデアもあきらめざるをえなくなりました。



と、ここまで書いて来たら、ななんと 今ごろ正解を送って来た人がいる。(出題から24時間後!!)

 三代目ヒロシ さん  大正解でした。
   











昼はパンダ!
NEC_0047.jpg

オッサンの昼メシにしてはあまりにも可愛すぎとお思いでしょうが、今からいただきます。
それだけです。
失礼致しました。


開局ウラばなし 
前回は滋賀FM放送設置推進協議会の事務所について書きました。

開局準備としてやるべきことは死ぬほどいっぱいありますが、

一番大切なのはスケジュール通りに案件を決定して行く事です。

免許・放送機器・局舎・スタジオ・送信所・株主・会社設立・社員採用・

番組編成・制作体制・ネットワーク体制、などなどやるべき事を挙げればきりがありません。

このほかにも、事業計画・営業計画・宣伝計画など課題はいっぱいありましたが、

中でも放送機器や送信所、スタジオなどは設計から1年くらいかかるのが通常

のスケジュールなのでどれかひとつでも大幅に遅れると開局が半年単位でうしろに

づれて行きます。 (ふつうの場合、開局は4月か10月です。例外もありますが)


今だから言える 滋賀FMのうらばなし・・・

実は本社とスタジオが入る予定のビルの完成より放送免許が2年近くも早く

地元に降りたのです。 

逆に言えば、ビル建設が予定より2年遅れたとも言えますが、 アトから参加した

私には詳しい経緯は分かりません。

「ビルが完成するまで、仮の場所で開局してもらえませんか?」

難題が降ってわいて来ました。

*** 私の夢は勝手に膨らんで ***

 2年間 浜大津に真っ赤なサーカステントを張って局舎にしたら・・・ とか


     オレンジ色の大型バスを5台くらいつないで局舎にしたら・・・とか


      これしかない! びわ湖に白い大型ヨットを浮かべて・・・とか


 果てしなく広がりましたが、当時の郵政省や電波行政の感覚からは

かなり、かけ離れ(今なら可能かも?)許可が出そうにありませんでした。 

 「それは 放送局ではなく 移動無線局ですね」と言われました。

何よりも先に オウチ から決めなくてはいけなかったのです。


下の写真が その2年後に完成した とあるビルです。
  この写真はイメージではありません (笑)
SANY0150.jpg










プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード