FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
01 | 2008/02 | 03
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

何があっても大丈夫
豊ママが今日でブログを辞めました。
もともとは私が一昨年の暮れにぶんぶんブログ(旧e-radioブログ)を開設するにあたって、
日本画や書道が得意でパソコンも携帯も
苦手なオバちゃん(失礼!)がブログというモノをどう感じるかが知りたくてID取得から
手ほどきをして書き始めたというのが経緯でした。

結果はご承知のとおり、何でも根をつめてやりきる彼女らしく見事にはまっていただいて、
多分個人としてはサイト一番の質量と人気になっていたのではないかと思います。
パソコンを触った事もなかった彼女自身も今ではブラインドタッチでキー入力する
ほどになり、先生であった筈の私の技量を簡単に抜き去って行きました。

又、実母の闘病生活や介護に明け暮れた一年間だったので、
いつでも身近にあっていつの時間でも利用出来る双方向メデイアとしてのブログは
まさに最適なツールだったのではないかと思います。

そのブログという双方向なメディアの新しさや楽しさを知るとともに、専業主婦であった
今までの自分が持ち得なかった部門での“表現力”という才能が気分を持ち上げて
くれたのではないかと思います。

それなりの応援はしましたが、ブログを通じたオフ会やイベントやお付き合いもすべて
彼女が発想し自分で仕組んで来たものでしたし、新しいジャンルの体験を楽しんでいた
と思います。


『潮時かな』という理由でこのブログを去るみたいですが、
豊ママというほとんど実名で登場している以上、
匿名性を帯びた相手からのコメントには対応する必要は無いので無視するべきという
私のアドバイスはもはや有効ではありませんでした。

セキララおばちゃんに駆引きは通用しません。
先生役として今反省するとしたらその辺ですが、
また次のブログでもより強力なオバちゃんになって活躍してくれることでしょう。

「何があっても大丈夫」

これはたまたま私が2~3日前に読んだフリージャーナリスト
櫻井よしこさんの回想録のタイトルです。
1945年敗戦のベトナムの野戦病院で彼女を生み戦中戦後を生き抜いた
彼女のお母さんがいつも彼女に言っていた言葉らしい。


豊ママさん  『何があっても大丈夫!!』




sakurai


スポンサーサイト





プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード