FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
03 | 2008/04 | 05
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

ブラインドタッチ
SANY0006.jpg

これは何だかわかりますか?  といっても自作だから判る人はいないかも。


キーボードの手前に三角形の扇子のような厚紙が立っています。


その表面に貼ってあるのはキーボードの配列です。 


これは自分でブラインドタッチの練習用に作ったボードです。


こんなん作るヒマあったら練習せー!! と言われそうですが、練習しても


中々進歩しないので、必殺版?(お笑い版)を作りました。


 この扇子状のものを前に置いて右手と左手をキーボードに置くと


キーボードは全く見えません。 配列をカンニングしながら打つとアラアラ不思議


あっと言う間にブラインドタッチが上達・・・・


 のハズでしたが。。。

練習時間が少なく、未だに効果なし。  


ああーーいつになったらあこがれのブラインドタッチが出来るのか?


 そういえば、今日の朝日新聞日曜版にキーボードの進化が特集されています。


最近は「テンキー多段シフト仮名入力」が注目されているらしい。


これって携帯の入力方法と同じらしい。 将来はテンキーだけのパソコン時代も


あり得る、と書いてあった。  こりゃー大変だ、ますます置いていかれそう。









 
スポンサーサイト



プリンターが壊れた
SANY0002.jpg


 
2年くらい前に買ったプリンターが故障しました。 


もちろん家庭用のものです。 買った時は2万5~6千円だったと思います。


故障といってもメカ部分ではなく 「インクの目づまり」です。


マニュアルを読むと 「その場合は修理に出してください」 に当たっていました。


   ここで大いに悩んでしまいます。


  修理に出せば、宅急便引き取りで1万円余りかかります、保障期間は過ぎているので


買ったお店に持っていっても 1万2~3千円かかるらしい。


ところが、今最新の機種を買えば1万9千円くらい。 よくある話ですが、


微妙に 「買った方が安い」 とも言えないし



何よりもここで「廃棄物」は出したくない。





このプリンターを買った時には、あまりにもキレイに細かく印刷できるので


ある種感動ものでしたね。 


年賀はがきから写真のプリントそしてスキャンまで完璧にこなしてくれました。


 「いやー技術の進歩はすごいねー」 と誉めちぎっていました。



しかし、2年たってみると、 インク代が6色で4千円もするし、すぐに無くなる。



目づまりくらい自分で直したいがそれも出来ない構造。 前のプリンターも3年で故障。



  誉めちぎった自分を少し反省しています。 どうしようかな?

 






男たちへ
塩野七生(しおの ななみ)さんというとてもステキな作家さん。


ローマに在住していてローマ帝国やイタリアの話などを中心にスゴイ作品を


世に送り出し、日本の数々の文学賞もとっている。


といっても、 (最近この接続詞が多くてスミマセン) ローマ帝国の本の話ではなく


 「 男たちへ 」 という文庫本の話です。


 ~フツウの男をフツウでない男にするための54章~ 


というサブタイトルに引かれ、


10年くらい前に買って読んだ本です。


私はどんな本でも(借り物以外ですが)その本を読んで気にいった所の



ページのスミを折り返しておくという 癖 があります。
 


 同じ本を思い出して再読することなどまずないのですが・・・・



たまたま本の整理をしていたら、 「男たちへ」のページの折り返しが開きました。



     第43章 男が上手に年をとるために


戦術 1  まず、自分の年齢を、いつも頭の中に刻み込んでおくこと

戦術 2  そして自分の年齢と、共存共栄の方法を考え、実行する

戦術 3  強いて、若づくりをしないこと

戦術 4  居なおること、つまり自然体であること

戦術 5  1カ所、どこかに派手な色を使うこと

戦術 6  恋をすること

戦術 7  優しくあること

戦術 8  清潔であること

戦術 9  疲労を見せるのを、恐れないこと


そして 戦術の最後として、 


   利口ぶった女の書く、男性論なんて読まないこと  とあります。


さすが、歴史上の英雄を描いたり、イタリアやヨーロッパの男達の中で生きて来た


塩野さんの男性論。 すべての戦術には具体例が書かれており 


『 おとなの男 』が解き明かされています。


男性だけでなく、彼氏を大人の男に改造中の貴方にも参考になりますです。 


日本の団塊の世代のオジサンには難しいかも知れないが


  若い男性諸氏よ 今からなら間に合う かもよ。。。


 なお、第40章には 「 セクシーでない男についての考察 」 があるのだが


こちらは差し障りがあるといけないので今回は触れません。


    興味のある方は書店またはAMAZON(笑)で・・・・


SANY0258.jpg






大返済時代という言葉
「大返済時代」という言葉は昨日初めて聞きました。 何だと思いますか?


NHKスペシャルという番組のタイトル。 その特集タイトルが気になったので


見てみました。 (見た方は少ないと思いますが)


内容は、多額の借金を抱える地方の自治体が地方税の増や補助の削減で


住民に負担増を求めはじめた現象のレポートでした。


夕張市の財政破綻以来、急激にこのような情報が出て来るようになったが、


それを 「大返済時代」 というおぞましい言葉で括られてはかなわない。


 『 さぁー これからは借金を皆で返す時代ですよー 』 みたいなニュアンスを感じる。


 これでは 大責任者 や 大失敗話  や 大反省 などの経過が飛んでしまう。


 「借金」 というと身近に?感じるが、「債務」と言われると他所ごと?に感じて


しまうのが普通の人の言葉感覚でしょう。 


いきなり「大返済」って言われてもネ。 


大返済時代という言葉が安易にマスコミなどで使われない事を祈るのみです。 


今までの歴史でもそうですが、 言葉って本当にコワイと思ったので書いてみました。


 私なら  ~こんな時代に誰がした?~  というサブタイトルを付けます。




塗るのに17年
皆さんは本州と四国を結ぶ本四架橋を渡ったことがありますか?


そう、結局あれは3つのルートともに作られ明石ルート、瀬戸ルートそしてしまなみルートと


超巨大な大橋が完成し利用されています。


今更、財源がどうのこうの言っても仕方がないのですが、今日の新聞に


瀬戸大橋のメンテナンスの話が載っていました。


瀬戸大橋ルートだけでも6つの橋があって、当然ながら古くなるので


メンテナンスのために鋼鉄製の巨大な橋のペンキを塗り替えなくては


なりません。  そのために多い時には最大で80人の塗装工が


ハシのハシ、つまり 橋の端から塗り始め


全部塗り終わるのになんと17年かかるそうです。


そして17年たつとまたまた最初のところが古くなり始めるので、



またまた17年かけて塗り替える  、 そしてまた・・・・



 つまり限りなくずぅーとずぅーと永遠に塗り続けなければいけないらしい。 



 つまりずぅーと大変なお金がかかり続けるっていう事ですね。
  


    こりゃー大変だわ。 今度からは作る前によーく考えようネ。


view1.jpg




 




オシリは見ないでね
外国人に日本語を教えるある先生から聞いた話ですが・・・・


あるアメリカ人の留学生が日本人の女性とデートして彼女の1DKの


アパートにはじめて行った時。 部屋に入るなりいきなり彼女が言った言葉。


  「 オシリは見ないでね。 」


 いきなり  そっ そっ そんな コト 何という女だろう・・・・  


 と思ったそうです。


     もちろん


彼女は 「押入れの中はきたなくしているから開けないで」 と頼んだだけなのに。


 外国語を勉強するのに 聞き間違いや言い間違いを気にしていては上達しない


とは判っていても、   


日本人にとっても大変むずかしい日本語。


それを習おうとする外国人にとっては、もう想像を絶するほどの苦難とキケンを

伴うらしいです。




 

文法など知らなくても
4月からある授業を受けています。     
                         
                           といっても週に1回ですが・・・

京都大学に通っています。          


                          といっても大学に入ったわけではなく・・・


たまたま教室が京大の中にあるだけですface36   
                          
                          といってもカルチャーセンターではなく・・・


日本語の先生のための講座です。 face37  
                           
                         といっても教えているわけではなく・・・


もちろん私が生徒として日本語を習います。face29 

                       といってもアナウンサー講座をやり直すわけではなく


日本語を教えるための講座です。face35

                          
                          といっても日本人にではありません


つまり外国人に日本語を教える先生。face20 


                    といっても海外移住を決意したわけではありません。face05



外国の人に日本語を教える事に興味があります。face18

             
                といっても日本人に教えるのがイヤになった訳ではありません


外国の人に日本語を教えることが出来ればface22

                   日本人の若い人にも教えやすくなると思ったのです。


 「文法などを知らなくてもいい日本語を使って欲しいものです。」


 上の「   」内の文章もどこで切るかによって意味が変わります。

       文法などを知らなくてもいい日本語を使って欲しいものです 

       文法などを知らなくてもいい日本語を使って欲しいものです 

       文法などを知らなくてもいい日本語を使って欲しいものです 

      ワ  ッ カ  リ  マ  ス  カ  ?


 





これはブロッコリー?
 朝いきなり電話がかかって来て、今日はいいお天気で農業日和だから

畑しごとに来てくれと言われました。 しばらく行ってなかったのでNOとも言えず、

すぐに守山までかけつけました。 ところが仲間は誰も来ずに朝方は一人だけ。

暑いくらいのお天気の中、日曜日の25キロ淀川歩きの疲れも若干残りながらの

畑仕事となりました。 

このブログに書いてから本当にたくさんの方々に 「意外や、意外や」と言われますが

これでも結構はまりそうな感じですよ。

CA3A0017k2k.jpg



ちなみにこの写真は4月始めに植えた 「 ブロッコリー 」です。もうこんなに芽が大きく

なっています。 

いや?ほんまにこれがブロッコリーかどうか自信はないので、「多分ブロッコリー」

間違っていたら 「訂正してお詫びいたします」





淀川25キロ
淀川の河川敷を枚方から大阪湾までおっさん四人で歩いて下りました。

そう、今回は自転車でなく歩いて25キロでした。

(やはり使う筋肉がいつもと違うのか、今日は少し筋肉痛ありです)

日曜日の河川敷はまるで

  「 淀川スポーツカタログ 」

野球(チームは少年からおっさんまでまんべんなく)サッカー、ラグビー、

アメフト、グランドゴルフ、パターゴルフ、テニス、などなど 延々と続きます。

20年以上前に枚方に住んでいました。河川敷も当時はただの広場でしたが

今はテリトリーが決まり施設も整っています。

でも、でも 「これはやりすぎやろ!」というモノを途中で発見。



CA3A0009.jpg


写り込んでいるのは私ですが、 ピカピカのステンレス製支柱が川とグラウンドの

境目に延々と続いていました。 確かに河川敷が整備されて自由に使えることは良い事

ですが、これほど”豪華”な 柵がなぜ川べりに必要だったのかよく判りません。

ステンレス製といえば最近アチコチで盗難事件なども起きていますが、さすがに

ここは頑丈に埋め込んでありました。

おっさん 四人の感想は

 「 いらんやんicon09!! 予算余ったんちゃうか face08 」 でした。

道路じゃないから、まさか、特定財源ではないよネ。


CA3A0010.jpg


残念ながら、このアト携帯が電池切れとなり、楽しそうなスポーツカタログの写真は

とれませんでした。  河川敷にもコンビニを・・・ お願いします。




思いがけずお花見
CA3A0008.jpg



土曜日に昨年亡くなった友人を偲ぶ会がありました。

その帰り路にふと看板を見かけた信楽のしだれ桜。

知ってはいましたが、実際には見たことがなかったのでほんの少しの時間

寄ってみました。

まだ満開ではないようですが、突然すがたを現すその桜はしっかりとした美しい

色と姿でした。

土曜日にもかかわらず、夕方近かったのでほとんど人もいなくて

たっぷりとじっくりと見てしまいました。

「花のいのちは短くて・・・・」 と言いますが、 たくさんの人を

癒したり、楽しませたり、そして思い出させたり、と

その役目が尽きることはありませんね。 


http://www.biwako-visitors.jp/search/flower_nws_865_1.html


プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード