FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
04 | 2008/05 | 06
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

視界良好!!
530oohashi -1_convert_20080530175717



今日はどういう訳かやたらと空気が良い。


したがって視界も良好。 あまりにも遠くが見えるので、


少しズームアップして撮ってみた。


いつもは見えない橋が見えた。。。
スポンサーサイト



たたけば未来が・・・
 SANY0012.jpg



 今夜はちょっと信じられないアナログな お話です。


    といってもコワーーイお話ではありません。

    とっても愉快で痛快で爽快なお話です。



    話は去年の10月15日の豊ママのブログに始まります。

      http://nekojarasi.e-radio.jp/e70368.html

その後もこのテレビは月に何回か調子が悪くなっていました。

では、どうやって調子を直していたかと言うと。 

今まで恥ずかしくて公表出来なかったのですが。  なななんと・・・


叩いて直していたのでーす。

今どきそんなバカな・・・ と信じてもらえないかも知れないが。

テレビの後ろを  トントン と叩くと直りました。

そして、それが ドンドン になり


ついに今年の春には  ガンガンと叩かないと直らなくなりました。 

それも最後は手ではなくて、カメラの三脚で殴っていました。 
恥ずかしくてスミマセン ますます信じてもらえないかも でも 本当なんです。 


そして4月に入って、ついにある親戚から37型の液晶亀山モデルを安く譲るという


願ってもない話が来ました。  


殴ってゴマかすのもそろそろ限界かな

と思っていたので、悲しかったけど手放す準備をしました。  


 つまり一時的に部屋の反対側におき場所を移動したのです。


 次の日から何が起こったか?  
 

 あれだけ故障していたソニーのトリニトロン(懐かしい)36インチ 大型叩き専用テレビが


  ピタリと故障が勝手に直り    抜群に調子よくなってしまった。


SANY0019.jpg
 


  これはきっと買い替えの話が トリニトロン連合軍 の耳に入ったために

  敵の小百合・小雪軍団に最後の戦いを挑んでいるにちがいありません。

  もちろん、我が家では親戚に亀山モデルを丁重にお断りしました。


  
  それからすでに40日。

  大型テレビは今日も抜群にキレイに映っています。 こうなったら・・・


   めざすは2011年。   買い替えへんぞーー 。
  

   (それにしても 何故 コンバット なんだ)  
SANY0020.jpg
 



竹で炊くご飯
E3818BE38284E381B6E3818D.jpg



午前中の畑仕事をテキトーに?終えてから

午後は栗東にある古民家のお宅におじゃましてワイワイと

バーベキューパーティーでした。

E5BAAD.jpg



いや、これは単なるバーベキューと呼ぶには余りにも豪華絢爛。


中でも圧巻は コレ!!


E7ABB9EFBC91.jpg


EFBC95E69C88EFBC96E697A5s022.jpg
 

家の裏山で取って来た直径が25センチ近くある青竹をくり抜いて


その中にイロイロな種類のお米を入れて炊き上げる、竹の釜のご飯です。


E7ABB9EFBC92.jpg


メインはモチ米ですが、そこに赤米、緑米、黒米、そしてミルキークイーンに雑穀をいれたものなど


4種類の竹の釜飯が出来上がりました。


取れたての青竹なので水分も多く含み炎の中でも燃えたりはしません。


30分から40分ほどで美味しく炊き上がりました。 


竹筒の中で蒸しあがるように工夫されたご飯の風味は


なるほど五月の爽やかな天気のもとで、食べるのには最高のご馳走でした。



EFBC95E69C88EFBC96E697A5s023.jpg


切り取った竹が積んであったので、豊ママが嬉しがって貰ってきましたが


いったいどうするつもりなんでしょう??


まさか、家でもやろうと思っているのかな?






プリンター・その後
1週間ほど前に 「プリンターが壊れた」という記事をアップしました。
 
 皆さんからイロイロと教えて頂きました。

 新しく買った方が賢明という意見が多かったですが、

 その後どうなったかと言うと・・・・

 実は修理に出しました。  そして今日修理完了で届きました。


 修理費は往復送料込みで 4750円でした。

CA3A0027.jpg



  今回は 「ドア ツウ ドア」 サービスを利用しました。


電気製品の買い替えサイクルが短いことがずーと気になっているので


プリンターに関しては前にも書いたけどイロイロ不満はありますが、


修理できるものはしてもらおうと思いました。


    結果は○でした。


宅急便が自宅まで取りに来て、梱包もいらず、お届けは修理の翌日。


昔みたいに近所の電気屋さんで修理するのは技術的に不可能になったので


こういうシステムが広まったのでしょうが、メーカーサイドの力の入れ方も


その対応の仕方で伝わって来ます。


一部の電気製品だけでなく、もっともっとすべての製品がこの方法で


長く使える製品に変わっていく方が結局環境エネルギー的にも


有効な気がします。


 食べ物と同じように  「地産地修」 のシステムが見直されるかも。





それにしてもアトに残ったこの巨大な梱包箱 (70×70センチもある)


ヤマトさんいつか取りに来てくれるのでしょうか?


CA3A0028.jpg

日本語能力で
日本に長期滞在する外国人の滞在延長などの際に、日本語の能力が高ければ
優遇するなどの基本方針を外務省が決めたというニュースがありました。

これは長期在留希望者の日本語学習熱が高くなったり、高い技能を持つ
外国人の受け入れが進むと期待されているそうだ。
海外での日本語普及に少しでも役立てるという理屈もある。
現に中国などは海外での中国語の講座をグングン増やしているのである。

日本政府も遅ればせながら日本語の学習拠点を来年度中に現在の7倍にあたる
約70カ所に拡充する方針で、今後はさらに増やす方針だ。

「外国人に日本語を教える先生」を目指し始めたばかりのワタクシにとっては
いい話ばかりに思える。

  ただ、ことはそう単純ではない。

外国人への管理を強めたい法務省と必ずしもそうでない
外務省。 ここでも何を目指すかの方向性がピッタリ合っているとは思えない。
しかも、外国人への日本語教育事業の所管は文化庁。

日本国内に滞在届を出している外国人は2005年末までに200万人を突破し、約10年間で65万人も増えた。

高村外相は「前から言われていたのに、検討がちんたらちんたらしていた。
前に進めたい」と意欲を示すが、ことの本質は
「性格」の不一致。じゃなかった「政策」の不一致にある。



柘植まででした
10時くらいから三重県の亀山をめざしました。

ひさしぶりのロードです。

やっと三重県境に到着しました。


柘植



すぐにきれいな公園があったのでここで休憩です。

余野公園という場所でした。 15000本のつつじが有名だそうですが、

まだ山桜が残っていました。

CA3A0023_convert_20080531143133.jpg



アザレア という カフェで昼食


tuge 3



そして柘植の駅まで来ましたが、

お天気が悪くなったので駅からは輪行バッグに入れて

JRで帰りました。

tuge


亀山まではあと2駅。 残念!



プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード