FC2ブログ
豊パパのニュースルーム
話があっちへ行ったりこっちへ行ったりするけど・・・ それがNEWSなのだ
08 | 2020/09 | 10
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

漢字攻めが正しいのか?
kaigo1.jpg

インドネシアから、日本で働く看護師・介護福祉士の候補者の第1陣が昨年夏に日本にやって来た。

今日久しぶりに彼ら彼女らがニュースに再登場していた。

介護の分野ではじめて公式に両国政府が協定して受け入れた人たちです。

彼らは何と6ケ月ものあいだ日本語と日本の生活習慣などの研修を受けていたのです。

そして、いよいよ受け入れを表明した病院や施設内で実務研修を積むことになりました。

さあ大変です、またまたこれまでの環境が一変して、今度は各地の各現場での

生活と介護の実作業が始まります。 もともと看護や介護のスキルは持っている

人たちなので、イロイロ問題は起こるだろうけど、大いに活躍を期待したい。

  ところが、ここで大問題があるのだ


3年後、

残りたければ日本語で国家試験を受けろと言うのだ。



介護福祉士は3年間の実務経験が条件で試験は1回だけ。合格した場合のみ、そのまま

日本で無期限就労することが認められ、「不合格なら帰国」という流れだ。

緊急に人が足りないから安く仕入れるけど、高いハードルを架して追い返してしまう

というどこかで聞いたようなお役所制度をまたまた繰り返そうとしている。

激務の中で、わずか3年で漢字いっぱいの難しい専門試験に何人がパスできるのか。


実際、初めて日本を訪れるインドネシア人にとって、働きながら3~4年で日本の国家試験

にパスするという条件はかなり厳しい。 

このままでは正式就労へのハードルはかなり高い。

彼ら彼女らの実績が流れを変えてくれることにも期待したいが、受け入れ側の我々も

もっと真剣に将来に取り組まなければならない。 「あなたのためだから」


スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://radiopinion.blog95.fc2.com/tb.php/324-73b76e7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

豊パパ

Author:豊パパ
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード